• 痔でお悩みの方へ
  • 胃カメラ検査
  • 乳がん検査

平成27年度 浜中医院の治療成績 および 検査成績

 平成27年1月1日より平成27年12月31日までの1年間当院で施行した肛門手術および検査成績を報告いたします。昨年1年間で施行した日帰り肛門疾患手術は522例でした。その日帰り手術の内訳は

  • 内痔核手術・脱肛手術;227例
  • 痔ろう根治手術;105例 (単純痔ろう77例、複雑痔ろう28例)
  • 肛門周囲膿瘍切開術;86例
  • 肛門狭窄形成術(SSG)13例
  • 慢性裂肛根治手術;9例
  • 直腸脱根治術;0例
  • 痔核血栓除去術;52例
  • 肛門ポリープ切除術;14例
  • 直腸ポリープ切除術;0例
  • 尖圭コンジローマ焼灼術;8例
  • 他8例

でありました。

特に内痔核・脱肛手術の内訳は、
従来の根治手術(LE)が63例、ALTA療法単独(ジオン注硬化療法)が99例、
ALTA療法+LE併用術が65例でありALTA療法の適応範囲が広がってきています。

また低侵襲かつ日帰り手術をモットーに麻酔方法は、局所麻酔および静脈麻酔+局所麻酔および腰椎麻酔(ペンシルポイント針を用いています)にて個別に対応しています。

一方外来検査では内視鏡検査や超音波検査を積極的に行っており、昨年1年間で施行した 経鼻胃内視鏡検査は410例、 大腸内視鏡検査は209例でした。
また超音波検査では腹部超音波検査は343例、乳腺超音波検査・甲状腺および体表超音波検査は56例施行でした。

今後とも泉州地域の肛門疾患・消化器疾患の診断治療に貢献すべく精進していきますので、諸先生方にはご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

 

平成26年6月9日  浜中医院  濱中雄幸