• 痔でお悩みの方へ
  • 胃カメラ検査
  • 乳がん検査

医院紹介

昭和 14 年 (1939 年 ) 初代院長が岸和田に浜中病院を開設以来、表記診療科目を中心に入院手術を施行してきましたが、昭和 40 年頃から国公立病院が整備発展し地域の中心医療を担ってきました。

昭和 52 年第 2 代院長が継承した時代より医療の変革が急速に進み、浜中医院として泉州岸和田を中心に肛門疾患治療を専門にしています。

近年高齢化に伴い排便障害と肛門の愁訴が急増し、当院では全身状態を考慮した臓器機能のコントロールを指導しています。一般家庭の“おしり”の関心も低く子供から大人まで様々な訴えで来院しますが、当院の治療は効果的であります。

当院の肛門疾患患者は昭和 52 年度においては初診患者の 5% 位でしたが、平成 19 年度は 40% にもなり手術患者数は年間 200 人でほとんどが入院しない日帰り手術の工夫をしています。

手術対象は痔核・脱肛、肛門ポリープ、肛門周囲膿瘍、痔瘻、肛門裂創・潰瘍・狭窄、肛門手術後後遺症、直腸脱です。

2008 年 4 月からは低侵襲治療としてのジオン注硬化療法も開始しました。 また、我々の医院は家庭医 ( ホームドクター ) として多世代の医療相談に対応しあらゆる医師会活動に積極的に参画し患者の為の患者のニーズに応じた親切な医療を提供するよう心がけています。

外科・整形外科治療だけでなく、最新式の超音波検査装置・内視鏡検査装置などを導入し病気の早期発見にも努力しています。特に経鼻胃内視鏡では患者様に苦痛を伴うことなく、上部消化管 ( 食道・胃・十二指腸 ) のスクリーニングを行うことが可能です。

また腹部エコーをはじめ、乳癌健診のための乳腺エコー、甲状腺エコー、頸動脈エコーも行っています。

内科疾患 ( 高血圧症・高脂血症・糖尿病など ) の患者様も非常に多く、内科治療もガイドラインに準じた治療を行っております。

我々は外科や内科の枠をこえて総合的に診断・治療のできる総合臨床医として地域医療に貢献できるよう日々努力しています。

浜中医院スタッフ

医師紹介

浜中医院 院長

院長 濱中雄幸

1969年 岸和田市 生まれ。
1995年 国立三重大学医学部卒業。
国立大阪大学医学部第一外科で研修医として 1 年間勤務。
1996年 国立呉病院外科で研修医として 2 年間勤務。
市立泉佐野病院心臓センター心臓血管外科でレジデントとして 1 年間勤務し心臓大血管疾患および循環器疾患に携わる。
1999年 大阪警察病院外科へ 2 年間勤務
消化器疾患・肝胆膵疾患・内分泌疾患(乳腺・甲状腺など ) に携わる。
2001年 国立大阪大学医学部大学院入学。
大阪府成人病センター生化学部に所属し、癌と低酸素について基礎研究に携わる。
2005年 大学院卒業。医師博士号取得。
日生病院外科に勤務(医長)し、消化器疾患 ( 食道・胃・十二指腸・小腸・大腸 ) 、肛門疾患、肝胆膵疾患、内分泌疾患 ( 乳腺・甲状腺など )に携わる。
2007年 日生病院外科副部長。
2008年 浜中医院勤務。
2009年 浜中医院院長。
2015年 医療法人 悠和会 浜中医院 理事長
所属学会
日本外科学会、日本消化器外科学会、日本臨床外科学会、日本大腸肛門病学会、日本内視鏡外科学会、
日本消化器病学会など

顧問 濱中雄二

昭和 36年 3月
 国立金沢大学医学部卒業。
4月
 国立京都病院実地研修。
昭和 37年 5月
 医師国家試験合格、医師免許証取得。
昭和 37年 6月
 大阪大学医学部第一外科入局し副手。
昭和 38年 7月
 市立泉佐野病院外科勤務。
昭和 40年 7月
 大阪大学医学部第一外科研究生。
昭和 41年 8月
 大阪大学医学部第一外科助手。
昭和 45年 4月
 医学博士号取得。
昭和 46年 7月
 国立泉北病院外科勤務。
昭和 48年 9月
 麻酔科標榜医取得。
昭和 52年 1月
 浜中病院勤務。
昭和 60年 7月
 浜中医院開設。
平成 21年 4月
 浜中医院顧問。

看護師・医療事務スタッフの求人

浜中医院では現在看護師・医療事務のスタッフを募集しております。
希望される方は、当院宛に履歴書と連絡先を郵送してください。(そのさいHPを見ましたと一筆加えてください)。

医療事務

時給 : 850円 (夜は900円)

夜・土曜日勤務できる方、歓迎します。
交通費・白衣・靴などを支給します。

看護師

時給 : 1500円

正看護師・准看護師問いません。
基本はパート希望していますがご相談ください。
夜・土曜日働ける方、歓迎します。
交通費・白衣・靴など支給します。