浜中医院(胃腸科)での内視鏡検査(胃カメラ・大腸)について
  • 痔でお悩みの方へ
  • 胃カメラ検査
  • 乳がん検査
内視鏡検査の取り組み・胃カメラ検査・大腸がん検診

胃内視鏡検査の取り組み

苦痛の少ない検査

  • 実績豊富な院長が検査を実施します。
  • 経鼻胃内視鏡検査を実施しています。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 経鼻胃内視鏡検査だけでなく、希望される患者様には鎮静剤・鎮痛剤を使用し、苦痛の少ない検査も可能です。
  • 炭酸ガス送気システムを使用しますので、検査後のおなかの張りが軽減され検査後の腹痛が少なくてすみます。

正確な診断

  • 最新のNBIシステムを使用しているので、微小胃癌や早期食道癌の診断が可能です。
    NBIシステム・・・粘膜の微細な表面構造や毛細血管をくっきりと写し出すというオリンパスの技術です。これによりごく小さな早期がんを発見することができます。
  • 実績豊富な院長が解析・診断します。実績数はこちらをご覧ください。

利便性

時間がとれない方には、月曜日~土曜日の7:30より胃内視鏡検査を行っています。8時までには検査・結果説明が終わります。

コラム 胃がん

2005 年のがん死亡要因の第 1 位は肺がん、次いで胃がん、大腸がんでした。一方、がん患者さんの数(罹患率)のトップは胃がんであり、胃がんが日本人の国民病であることがよく分かります 胃がん予防対策の基本はとにかく「早期発見・早期治療」につきます。早期胃癌であれば根治手術により予後は良好ですが、手術ができないほど進行した場合の予後は極めて不良です。近年抗がん剤治療も日々進歩していますが、切除不能進行胃癌における抗がん剤治療の治療効果は決して良好とはいえないのです。だからこそ「早期発見・早期治療」が大切なのです。

ところが診断に不可欠な内視鏡検査を苦にするあまり、胃がんの発見が遅れてしまうケースも少なくありません。 口からカメラを入れる経口胃内視鏡検査に伴う苦痛には個人差がありますが、「オエッ」という感覚、それを我慢するときの息苦しさや苦痛などから「もう二度とイヤ」という方は少なくありません。その苦痛は、舌の付け根にある「舌根」という箇所に内視鏡が触れているために生じる「咽頭反射」が原因です。

これに対して経鼻胃内視鏡検査では鼻から中鼻道と呼ばれる部位を通り、食道へ直接、内視鏡を通すので咽頭反射を引き起こす舌根の刺激がありません。鼻腔内を麻酔する(針は刺しません ) 必要はありますので全く異物感がないわけではありませんが、咽頭反射がなくなるだけでもかなり楽になります。胃内病変の 「早期発見・早期治療」のため、ぜひ当院の 経鼻胃内視鏡検査をおすすめします。

大腸内視鏡検査の取り組み

苦痛の少ない検査

  • 実績豊富な院長が検査を実施します。
  • 検査には鎮静剤、鎮痛剤を使用するので、苦痛の少ない検査が可能です。
  • 炭酸ガス送気システムを使用しますので、検査後のおなかの張りが軽減され検査後の腹痛が少なくてすみます。

正確な診断

  • 最新のNBIシステムおよび拡大内視鏡を使用しているので、より確実・正確な診断が可能です。
  • 実績豊富な院長が解析・診断します。実績数はこちらをご覧ください。

日帰り大腸内視鏡下ポリペクトミー

大腸ポリープと診断した場合は、日帰りでの大腸内視鏡下ポリペクトミーが可能です。(曜日が決まってます。) 総合病院の内視鏡専門医が当院で内視鏡治療を行います。 術後出血(1%程度)が生じた場合は、総合病院と連携し対処します。

大腸内視鏡下ポリペクトミー

大腸にできるポリープの多くは癌に進展する危険性があるので、検査等で発見した場合には見つけ次第切除する事で癌の進行を防ぐ事ができます。
今までは、外科手術が必要でしたが、内視鏡を用いてのポリープ切除が可能になりました。

当院では、日帰りで、総合病院と比べて少ない待ち期間で検査・治療が可能となります。(曜日は決まっていますのでお問合せください。)
ポリペクトミーは開腹することもなく、痛みもないですが、病変部を切除することに変わりありませんので、まれに出血を起こすことがあります(1%前後)。 その場合は総合病院と連携し対処します。

コラム 大腸がん

近年の食生活の欧米化により、日本人に大腸ポリープや大腸癌が増えています。
大腸癌は早期発見できた場合は内視鏡下切除あるいは手術切除にて根治する可能性が非常に高いです。
しかし腹痛や出血や便秘などの症状が出現した場合は進行がんであることが多く、手遅れになる場合もあります。また大腸ポリープを長年放置していると大腸がんになることも判明しています。
したがって定期的に大腸検査を施行する必要があります。

またスクリーニング検査として便潜血が陽性であり、自分が以前より痔があると出血の原因が痔であると思い込むケースも少なくありません。そのような方はぜひ当院の受診をお勧めします。

便に血が混ざっていたら

肛門から血液が流れる状態を下血、
便に血液が混じっている状態を血便といいます。

消化管からの出血で下血、血便が起こりますが、出血の部位によって色に違いがあります。
上部の消化管からの出血した場合の便は黒色に近く、下部の消化管からの出血は赤色が強くなります。

【注意するべき便の色】
鮮血・・・痔(裂肛・痔核)、直腸がん 等
黒色(どす黒い タール色)・・・ 胃・十二指腸潰瘍、大腸がん、大腸炎 等
粘液が混じっている・・・大腸がん、大腸炎 等

大量の出血があって、顔色が蒼白であったり、冷や汗をかいていたりする場合は、ふらつき、動機がある時は、出血性ショックの危険があり、緊急処置が必要ですのですぐ病院に行ってください。特に動脈硬化などに対する治療で抗凝固薬を飲んでいる人は出血に注意が必要です。

便に血が混じっていたら自己判断せず、当院にご相談ください。