• 痔でお悩みの方へ
  • 胃カメラ検査
  • 乳がん検査

乳がん検診を実施しています

30歳を過ぎたら乳がん検診を

近年、ライフスタイルの欧米化に伴い、日本でも乳癌にかかる女性が増加しています。しかし、早期に発見して適切な治療を受ければ、多くの場合再発することなく過ごすことができます。

一般に がんとは症状が出るときには、進行癌になっていることが多いのです。
乳がんもほとんどの人が、痛みがなく ( 炎症性乳癌は除きます ) 、単に硬いしこりで見つかることが多いのです。

早期発見のためには、視触診に加え、マンモグラフィーや超音波装置 ( エコー ) などの画像診断が重要です。
当院では最新式の超音波装置 ALOKA Prosound α 7を導入し、エコーによる乳癌健診を行っています。

乳房に何らかの症状のある方、あるいは一度乳がん検診を受けてみたいとお考えの方は、お気軽にお越し下さい。 自覚症状が無くても 35 歳からは自己検診をお勧めいたします。
特に40歳以上では市民検診でも規定されています。

乳腺エコーによる乳がん検診

マンモグラフィー検診も乳腺エコー検診もどちらも一長一短があります。

マンモグラフィー検診のメリットは撮影された画像をみて読影認定医が診断しますので診断にほとんどばらつきはありません。デメリットは乳房を硬い板で挟みますのでかなり苦痛を伴うことと、若年性や閉経前の方の場合は診断が困難な場合が多いです(若い女性はDense breastのため乳癌が存在しても分からない場合もあります)。
また市町村の指定する乳癌健診では1方向撮影(MLO撮影)しか行わないため、診断精度も劣ります。

一方、乳腺エコーのメリットは苦痛を伴わないことと、幅広い世代の女性のかたの正確な診断が可能です。
もちろんマンモグラフィーが適さない方の診断も可能です。
一方デメリットは検査者の技量にすべてかかっていることです。
乳腺エコー経験が20例の人間と200例の人間と2000例以上の人間の技量では甲乙は明らかです。また検査技師がする場合と医師がする場合も検査の視点が異なり甲乙も明らかです。

当院ではこれまでの乳腺エコー経験数3000例以上の院長が検査いたしますのでご安心ください。

当院での検査のメリット

近年、女性の乳癌健診に対する関心が深まり、乳癌健診の需要は上昇しています。しかし検診をおこなう施設は限定されており、泉州地域近郊の総合病院では予約待ちが非常に長い状況です。
一日で乳癌健診が終える病院もあれば、数日受診しなければならない病院もあります。

当院では比較的短い予約期間で検査を受けていただくことが可能ですし、基本的に1日で乳がん検診が終わります。

乳がん検診の受け方

当院ではまず受診していただき、診察後に検査日時を決定します。どうしても時間の都合がつかない方は電話予約していただき、検査当日に診察もあわせて行います。