• 痔でお悩みの方へ
  • 胃カメラ検査
  • 乳がん検査

2011年度の治療実績と統計

平成23年1月1日より平成23年12月31日までの1年間で当院にて施行した日帰り肛門疾患手術は350例、外来肛門処置(小手術)は112例でした。

そのうち日帰り手術の内訳は、内痔核手術・脱肛手術は226例、痔ろう根治手術は64例(単純痔ろう57例、複雑痔ろう7例)、肛門狭窄形成術は33例、直腸脱根治術は5例、肛門・直腸ポリープは16例、尖圭コンジローマ焼灼術は2例、他4例でありました。

特に内痔核・脱肛手術の内訳は、従来の根治手術(LE)が81例で、ALTA療法単独(ジオン注硬化療法)が112例、ALTA療法+LE併用術が33例とALTA療法の適応範囲が増え64%を占めていました。

また外来肛門処置(小手術)の内訳は肛門周囲膿瘍切開術が56例、痔核血栓除去術は47例、他9例でありました。