• 痔でお悩みの方へ
  • 胃カメラ検査
  • 乳がん検査

苦しくない胃カメラ検査(経鼻内視鏡検査)について

胃痛・胃もたれ・胸焼けなど胃について不安に感じていても、従来の胃カメラ検査は苦痛を伴うことが多いために、胃カメラ検査をためらう方は少なくありません。

当院では、経鼻胃内視鏡(胃カメラ)を用いて、食道・胃・十二指腸の検査を行っていますので、少ない苦痛で胃カメラ検査を受けていただけます。これまでの胃カメラ検査でつらい思いをされた方も、ぜひ一度お試しください。

経鼻内視鏡検査の特徴


1.嘔吐反応が少ないから楽です

舌の付け根に内視鏡が触れると「オエッ」という嘔吐反応がありますが、 舌の付け根に触れませんので嘔吐反応がありません。 患者さんの負担が少ない検査です。

鼻から入れる胃カメラ

2.安心して検査が受けられます。

患者さんの負担もすくなく、丁寧な検査ができます。 患者さんのストレスも少なくて済みます。

楽です

3.麻酔の量が少ない

口からの内視鏡検査に比べて、麻酔の量が少なく、身体への負担も軽減します。

安心・安全な胃カメラ

4.すぐに日常生活に復帰できます。

短時間で日常生活に復帰できて、口からの検査に比べると早く食事もできます。 全身麻酔(静脈麻酔)の内視鏡検査に比べてすぐに病院から帰れます。

すぐに食事ができる